兵庫県養父市の歯科医院【橋本歯科医院】和田山・朝来・八鹿/インプラント/審美歯科/入れ歯/レーザー治療

TOP > インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療と従来の治療

<従来の治療>

<インプラント治療>

インプラント治療の流れ

STEP1.  診査と治療計画
失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

STEP2.  一次手術
あごの骨にインプラントを埋め込みます。一次手術後、3~6ヵ月後の治療期間をおくことでインプラントと骨が強い力で結合します。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

STEP3.  人工の歯を作製・装着
歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

STEP4.  メンテナンスと定期検診
インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

インプラント治療 Q&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?
年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。ただし、あごの骨の状態によっては治療をうけることができない場合があります。また、歯周病の場合は残っている歯の治療を行ってからインプラントをすることになります。他の病気や健康状態によっても受けられない場合がありますので、よくご相談ください。

治療期間中の歯はどうなりますか?
心配な治療期間中の歯ですが、仮の歯や仮の入れ歯を入れることで、食事や会話にも問題が起きないようにします。治療中も快適に過ごせるのがうれしい点です。

インプラントの寿命はどのくらいですか?
インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。長持ちさせるために最も重要なことは、自分の歯と同じような毎日の手入れです。指導された正しいブラッシング方法で磨き、半年に一度は必ず定期検診を。インプラントは歯が歯周病になるのと同じような症状になったり、かみ合わせが悪くなったりする場合があります。定期的な検診は必ず受けましょう。

手術後、注意することはありますか?
手術自体は麻酔をして行うので、ほとんどの場合、痛みもありませんが、麻酔が切れてからの痛みや手術後1~2日、痛み・腫れが出ることがあります。歯科医師の指示を守り安静にする他、食事もかたい物を避けるなどの配慮をしましょう。

インプラント治療インプラント治療

入れ歯治療入れ歯治療